会社案内|川本鋼材株式会社|愛知県あま市の特殊鋼専門商社

company

特殊鋼の専門商社とメーカー機能を兼ね備えた川本鋼材は、
自動車を中心にさまざまな機械部品となる素材や機械加工品を専門に扱っています。
創業以来70年以上にわたり、日本のものづくりを支えています。

MESSAGE

代表取締役 川本 芳裕

お客様とともに、時代とともに
進化を続ける、川本鋼材

川本鋼材は、特殊鋼を中心とした素材・加工品を供給する専門商社です。

1945年(昭和20年)の創業以来、徹底した品質追求と供給体制の充実化に努め、お客様の多様なニーズに応え続けてまいりました。
今日では自社加工工場も保有し、お客様の要望にあわせた特殊鋼の仕入れから在庫管理、加工、部品での供給までをワンストップかつタイムリーに供給できる体制を整えております。

特殊鋼は、自動車や工作機械、建設機械などのさまざまな製品の重要保安部品として使われ、あらゆるものづくりになくてはならないものです。
この素材を通して、お客様と日本の産業のさらなる発展に貢献していくことが当社の変わらぬ使命だと考えています。

これからも「真善美」の社是のもと、時代にあわせた供給体制の強化経営体制の安定化次世代人材の育成に努めてまいります。
そして、お客様とともに、輝かしい未来を創造していきます。

代表取締役 川本 芳裕

PHILOSOPHY

社是「美善真」

bi

私たちは、相互啓発をする中で、一人一人の「人格向上」を目指します。

zen

私たちは、「より良い経営」を実現する為に努力を積み重ねてゆきます。

shin

私たちは、その時代の環境において「何が正しいか」を常に意識し、仕事を進めます。

経営方針

会社案内
  1. お客様の満足に応える事業展開を図り、
    社会の発展に貢献する。
  2. 自己資本の充実を行い、
    環境の変化に耐えうる経営基盤を創る。
  3. 全員参加による効率経営を推進し、
    社員の生活安定と充実を図る。
  4. 魅力のある企業作りを目指し、
    職場の活力と人材育成を図る。

川本鋼材が目指す未来

会社案内
クリーンエネルギーの100%使用を目指し、
持続可能な地球環境への貢献する。

人財育成と生産性向上への投資によって、
加工分野・新たな分野への挑戦をする。

社員とその家族の幸せを実現するため、
働き方改革、心身の健康促進る。

OUTLINE

 

会社名 川本鋼材株式会社
代表者名 代表取締役 川本 芳裕
本社所在地 〒490-1214 
愛知県あま市北苅三本柿151-1
登記所在地 〒460-0016 
愛知県名古屋市中区橘1丁目27番5号
電話番号 052-446-1911
FAX番号 052-446-1912
創業 昭和20年10月
設立 昭和21年9月
資本金 3,000万円
事業内容 特殊鋼鋼材の卸売りおよび産業機械の販売
営業品目
素材
  • 特殊鋼
    機械構造用炭素鋼・機械構造用合金鋼・工具鋼・ステンレス鋼・ばね鋼・軸受鋼・高速度鋼
  • 鋳造
    デンスバー(虹技製連続鋳造棒)・ダクタイル・鋳鋼
  • 電磁品
    放熱フィン・ヒートシンク・希土類磁石・磁石・アモルファスワイヤー
加工品
  • 加工
    熱間鍛造・冷間鍛造・温間鍛造・引抜・ピーリング・機械加工・熱処理・表面処理・溶接など
機械
  • 機械
    一般工作機械ならびに産業機械、各種電動工具
取引銀行 三菱UFJ銀行・みずほ銀行・岡崎信用金庫・静岡銀行
主要仕入先
(順不同)
特殊鋼の部

愛知製鋼株式会社、JFE スチール株式会社、山陽特殊製鋼株式会社、三菱製鋼株式会社、虹技株式会社、朝日工業株式会社、新関西製鐵株式会社、MTK 株式会社、日本高周波鋼業株式会社、株式会社日本製鋼所、日本製鉄株式会社、王子製鉄株式会社

機械の部

新東工業株式会社、株式会社ノリタケカンパニーリミテド他多数

所属団体
関連会社
  • 株式会社堀田ハガネ
    〒592-8331 
    大阪府堺市西区築港新町3丁19-2
    TEL:072-244-0011
    FAX:072-244-0330
  • 有限会社カワモト殖産
    〒460-0016 
    愛知県名古屋市中区橘1-27-1
    TEL:052-446-1911 
    FAX:052-446-1912

※表内に記載のある会社名・団体名は敬称を省略、順不同とさせて戴いております。

認定・表彰

会社案内

健康経営優良法人
2022

会社案内

2022 ホワイト企業認定
BRONZE

会社案内

取引先評価 優秀賞に選出
(㈱ニッセイ・2020年度)

業種別売上構成比率

中部地区の企業の多くで、自動車業界の売上比率が高い傾向にあります。
川本鋼材は自動車に限らず、建設機械や工作機械など幅広い業種に売上比率が分散。
世の中の不況に左右されることなく、常に安定した利益を出す企業力があります。

4輪・2輪 25%
建設機械 17%
2次店 16%
産業機械 15%
農業機械 7%
モーター・歯車 7%
工作機械 5%
その他 8%
取引社数の合計600社以上
中部4県と関西の大手ユーザーへの納入を
継続しながら、年間10社以上と
新規取引を開始しています。

HISTORY

  • 昭和20年

    故会長川本平雄が登記所在地にて
    個人で創業
  • 昭和21年

    会社設立
  • 昭和22年

    株式会社に改組 株式会社川本産業
  • 昭和26年

    浜松営業所開設(浜松市新町)
  • 昭和32年

    愛知製鋼株式会社より
    指定問屋に選定される
  • 昭和33年

    商号変更 川本鋼材株式会社
  • 昭和36年

    笠寺営業所開設(名古屋市南区)
  • 昭和45年

    笠寺営業所第2倉庫完成
  • 昭和45年

    浜松営業所増設移転
    (現在地 浜松市南区恩地町)
  • 昭和50年

    笠寺営業所第3倉庫完成
  • 昭和59年

    安城営業所開設
  • 昭和61年

    資本金3,000万円に増資
  • 昭和63年

    代表取締役に川本芳裕就任
  • 平成元年

    有限会社カワモト殖産設立
  • 平成05年

    株式会社堀田ハガネに資本参加
  • 平成07年

    浜松営業所増設
  • 平成10年

    特殊鋼センター開設
    本社と笠寺営業所を統合
    (現在地 あま市北苅)
  • 平成12年

    笠寺営業所再設
  • 平成15年

    ISO9001:2000年度版認証取得
  • 平成15年

    特殊鋼センター南工場開設 
    笠寺営業所を移設
  • 平成21年

    特殊鋼センター新事務所建設 倉庫拡張
  • 平成22年

    ISO9001:2008年度版移行
  • 平成24年

    安城営業所に代わり、三河営業所を開設
    (西尾市平原町)
  • 平成30年

    ISO9001:2015年度版移行
  • 平成31年

    特殊鋼センター加工工場開設
  • 令和04年

    浜松営業所に代わり、静岡DFを開設
    (浜松市東区)
    三河営業所を三河DFに名称変更

BUSINESS SITE

川本鋼材株式会社 特殊鋼センター

川本鋼材株式会社
特殊鋼センター

〒490-1214 愛知県あま市北苅三本柿151-1

TEL:052-446-1911
FAX:052-446-1912

敷地面積 8,358.45㎡
建築面積 5,003.76㎡
延床面積 4,440.92㎡
在庫能力 8,000t

川本鋼材株式会社 加工工場

川本鋼材株式会社
加工工場

〒490-1214 愛知県あま市北苅三本柿151-1

TEL:052-446-1911
FAX:052-446-1912

敷地面積 1,978.48㎡
建築・延床面積 979.20㎡

川本鋼材株式会社 三河DF

川本鋼材株式会社
三河DF

〒445-0032 
愛知県西尾市平原町前山22-11(須美・平原工業団地内)

TEL:0563-55-5011
FAX:0563-55-5017

敷地面積 3,977.02㎡
建築面積 2,543.74㎡
延床面積 2,211.11㎡
在庫能力 4,000t

会社案内

川本鋼材株式会社
静岡DF

〒435-0003 静岡県浜松市東区中里町705

TEL:053-401-5091
FAX:053-401-5092

敷地面積 7,633.16㎡
建築面積 3,495.56㎡
延床面積 3,668.21㎡
在庫能力 3,500t
(立体自動倉庫:1,420t、立体型棚システム:780t、平置き:1,300t)

SUBCONTRACT FACTORY

さまざまな分野の協力工場と連携。
鋼材の切断だけでなく、鋼材の鍛造、機械加工、熱処理、表面処理、機械加工など各種鋼材技術に特化した提携工場と連携。
多彩な加工技術でお客様のご要望にお応えします。

鋼材の鍛造

鍛造とは、素材に圧縮力を加え、成形と鍛錬を同時に行う加工法。熱間鍛造・冷間鍛造・温間鍛造に対応できます。

  • 熱間鍛造(フリー鍛造・プレス鍛造、ハンマー鍛造、ローリング鍛造・クロスロール鍛造等)
  • 冷間鍛造
  • 温間鍛造

熱処理

熱処理とは加熱・冷却により金属などの硬度や性質を変化させる処理のことです。特殊鋼の能力を十分に引き出せるようにさまざまな熱処理が可能です。

  • 大気熱処理(焼入れ焼戻し・焼ならし・焼なまし)
  • 高周波焼入
  • 浸炭
  • 真空熱処理
  • サブゼロ

機械加工

旋盤加工、BTA加工、マシニングセンタ(MC)加工といった方法で鋼材を加工し、目的の形状に加工します。

  • 旋盤加工
  • フライス加工
  • マシニング加工
  • 研磨加工
  • BTA加工
  • ガンドリル(GD)加工
  • 歯切加工
  • 放電加工
  • ワイヤーカット加工
  • 転造加工

表面処理

機能特性(素材の強度や電気伝導度、耐久性など)を向上させる表面処理を施します。

  • 硬質クロムめっき処理
  • 無電解ニッケルめっき処理
  • 肉盛溶接
  • 溶射加工
  • ウレタンコーティング
  • ゴムライニング加工

その他の加工について

摩擦圧接から曲げ、溶接まで対応します。